試合に負けても清掃する日本サポーターが再び賞賛

写真拡大

14日、0-4の大差でブラジル代表に惨敗したサッカー日本代表。試合は非常に残念な結果に終わったが、今回も日本人サポーターの試合後の清掃活動をはじめとする“マナーの良さ”が、開催国シンガポールなどで話題になった。

シンガポールからほど近いマレーシアのメディア<Straits Times>でも「サッカーではブラジルに惨敗しつつも、日本のファンは丁寧に掃除」の見出しで紹介。

「日本サポーターは、ブラジルW杯で話題となった清掃活動をシンガポールでも行った。ネイマールに圧倒されながらも、彼らは素晴らしい敗者だと再び証明した」と、青いゴミ袋を持った人々を写真入りで紹介し、「彼らには最大級を敬意を表したいし、我々も見習うべき行為だ」と綴っている。

またツイッター上にも「学ぶべき態度」「私たちシンガポールのファンはできるだろうか?」「彼らのようなサポーターならいつでもシンガポールに来てもらいたい。彼らの行いは本当の意味での才能といってもいいと思う」との好意的なコメントが寄せられている。