ノートNISMO

写真拡大

日産自動車は2014年10月10日、NISMO(ニスモ)シリーズの第5弾となる「ノートNISMO」を全国一斉発売した。

直列3気筒1.2リッター直噴スーパーチャージャーエンジン搭載の「NISMO」と、専用チューンの直列4気筒1.6リッターエンジン搭載の「NISMO S」をラインアップしており、全国希望小売価格は、「NISMO」が195万2640円、「NISMO S」が224万4240円。

バランスの取れた優れた運動性能を実現

NISMOがモータースポーツ活動で培ってきた技術を投入し、パワートレイン、車体、タイヤ、サスペンション、空力などをトータルで最適チューニングすることにより、バランスの取れた優れた運動性能を実現している。

「NISMO」は、最高出力98馬力の「HR12DDR」エンジンとCVT、「NISMO S」は、最高出力140馬力の「HR16DE」エンジンと5速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。

エクステリアでは、NISMO専用エンブレムに加え、専用のフロントグリル、フロントパンパー、サイドシルプロテクター、リヤバンパー、ルーフスポイラー、NISMO専用レッドの電動格納式リモコンカラードドアミラーを装備した。

インテリアでは、「NISMO S」に標準装備、「NISMO」にメーカーオプション設定の「専用スエード調スポーツシート」に加え、「NISMO S」には日産とレカロの共同開発による「RECARO製スポーツシート」をメーカーオプションで設定した。