くちばし状の顎を持つ非常に珍しいクジラの死骸が豪海岸に漂着

ざっくり言うと

  • オーストラリアの海岸に14日、くちばし状の顎を持つクジラの死骸が漂着した
  • 全長3〜4mの「アカボウクジラ」の死骸で、専門家らが調査と標本採取を実施
  • 今後、頭部はシドニーのオーストラリア博物館に送られる予定とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング