写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「占いヒーリングカフェ×神社 神々の森神社」はこのほど、20代〜40代の男女1,200名を対象に実施した「現代人の悩みと不安に関する調査」の結果を明らかにした。調査期間は9月29日〜10月1日。

まず現在、不安や悩みを抱えているか尋ねたところ、75.8%が「はい」と回答した。どのような悩みや不安を抱えているか具体的に聞くと、最も多い回答が「家計に関すること」(59.4%)で、特に20代と30代の既婚女性はその回答率が高かった(各75.0%)。

未婚・既婚別に見ると、未婚者は恋愛・結婚に関する悩みが40.0%と多く、特に20代女性は55.0%、30代の女性も53.0%と共に過半数を占めている。既婚者は子供に関することへの悩みが多かった。

不安や悩みがあった際、どのような対処をしているのか尋ねたところ、「人に話を聞いてもらう」が34.8%と最も多かった。以下、「ボーっとしたり、いつもより長く寝る」(31.3%)、「趣味に没頭する」(26.3%)と続いている。

特に女性は「人に話を聞いてもらう」が43.7%と男性の25.8%と比べ多く、一方で男性は「落ち着ける場所に行く」が25.2%と女性(15.3%)より約10ポイント高かった。また、「何かしらの対処をしない」人が、27.7%と4人に1人以上もいることも明らかとなった。

(フォルサ)