先を見据えるGK川島永嗣「この経験をプラスに変えないと」

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4−0でブラジルが大勝した。

 同試合にフル出場したスタンダール・リエージュ所属のGK川島永嗣は「こういう形で若い選手、新しい選手がこういうゲームで新しい経験を積むっていうことが今の日本にとってすごくいいことだと思います」とコメント。試合については「どこから失点が起こったのか、そういうことを含めてまだまだ新しいチームの中で、自分たちが突き詰めていかないといけないです」と振り返った。

 また、川島は「個々ではホントに頑張っていたと思うし、チームとしても自分たちがやろうとしていたことが特に前半は出ていました。ただ、後半は簡単に相手にカウンターのシーンを作られることが多かったです」と分析。今後に向けては「自分たちはこの経験をプラスに変えないといけないと思います」と述べていた。