レベルアップを誓う塩谷司「個人としてもっと磨いていかないと」

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4−0でブラジルが大勝した。

 同試合を振り返ったサンフレッチェ広島のDF塩谷司は「力の差はやっぱりありました。今日経験できたことを自分の中でどう捉えて、チームに帰ってどう練習に取り組んだりしていくのかっていうことがすごく大事です」と述べた。

 ラインコントロールについては「判断を1つ間違えたら今日みたいな失点になると思います」とコメント。また、「チームにいる時から意識して、駆け引きの部分や、ディフェンスラインのところは個人としてもっと磨いていかないといけないなと思いました」と、今後の目標を口にしていた。