写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の鈴木砂羽が、CS放送・女性チャンネル♪LaLaTV(ララ・ティービー)のオムニバスドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』で監督デビューを果たし、主演をお笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが務めることが15日、明らかになった。

ジェーン・スーの同名著書を実写化した本作は、結婚できない女性が知らず知らずにやってしまっているエピソードを描くオムニバスドラマ。101話のドラマが2シーズンにわたって放送され、1話につき3エピソードを収録。11月4日からスタートする1stシーズン(毎週火曜24時〜)には、主人公である"未婚のプロ"役で、女優の市川実和子、小島聖、酒井若菜、谷村美月、平山あや、渡辺真起子らが出演する。

12月23日の放送回で初監督に挑戦した鈴木は、「最初は不安で考え過ぎていたけど、性格的に『なんとかなるっしょ』という気持ちで現場に入った」と振り返り、「一人では何も出来ないことを形にしてくださったみなさんに感謝します」とコメント。また、鈴木は、来年1月6日の放送回では主演も務めており、「役者の立場でも、私としてはとっても満足した良いお芝居と良い画が撮れたと思います。これも一重にみなさんのおかげです」と感謝を語っている。

一方、壇蜜主演の連続ドラマ『アラサーちゃん』で"非モテちゃん"を演じた川村は、本作が単独での初主演となり、「砂羽さんは女優さんとしても、とても分かりやすく教えて頂きました。正直、どこまでついていけたかは不安ですが、楽しく撮影を行うことが出来ました」と"鈴木監督"に感謝。「普段はあまりしゃべらないので、今回は1週間分くらい話したんじゃないか」と会話劇に悪戦苦闘したようだが、長セリフに葛藤する川村の姿に、鈴木は「120%のスキルを引き出した!」と太鼓判を押している。