失点場面を振り返る酒井高徳「自分がついていけばいい話だった」

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4−0でブラジルが大勝した。

 右サイドバックでフル出場した酒井高徳は「前半はネイマールに対して、ついていくのかいかないのか少しはっきりできなくて、センターバックに声をかけられずに簡単に失点してしまいました。1−0になってからはしっかり守ることができて、チャンスもあったので、あのままで後半に入れていれば少し違ったと思います」と試合を振り返った。また、「向こうのカウンターがすごいのは分かっていたので、中盤での安易な横パスとか、失い方が悪いのは良くなかったです」と課題を口にした。

 先制ゴールを奪われた場面については「自分がついていけば何でもない話だったと思うし、ポジションを落としてでもネイマールより先にコースに入るか、ラインを2メーターぐらい下げて走りに対応するのが個人的な意見でした」とコメント。さらに、「周りと相談してみたら、センターバックの塩君(塩谷司)とかもボールウォッチャーになってラインを止めたままになっていたので、僕が声をかければ、塩君も下がってあのパスをカットできたと思うし、いろいろ修正しないといけないと思ったことはありました。ただ、一番は自分がついていけばいい話なので、個人的なミスかなと思います」と述べていた。