フル出場のDF森重真人「やり方が間違っていたわけではない」

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4−0でブラジルが大勝した。

 同試合にフル出場したFC東京のDF森重真人は「相手との力の差を考えた上でのこのやり方。それにチーム全員が徹してやればそれは大きな力になると思うので、今日のやり方が間違っていたわけではなかったです。今日のやり方をすると決めたのであれば、全員でそれに集中することが必要でした」と振り返った。

 また、森重は「前半に関してはある程度、守る部分で言えばあの失点以外はやれたかなと思います」とコメント。その一方で「守るだけでは勝てないなと感じています。でも、前から奪いにいくのかというと、それは考えないといけないし、相手との力の差を考えながら現実的にサッカーをやらないといけないのかなと今日は感じています」と述べた。