チョコレートの原料に直接触れる貴重な機会

写真拡大

無印良品を展開する良品計画(東京都豊島区)は2014年10月16日にインドネシア・パプア州の小規模な家族経営の生産農家が作ったカカオを使用したチョコレートシリーズを発売するのを記念して、東京と大阪の3店舗でワークショップ「カカオ豆から、チョコレートを作りませんか」を開催する。

「ホンモノのチョコレート作り」を体験

新製品のチョコレートシリーズは、味・品質を妥協せず、顔が見える生産農家と適正な価格で取引し、現地の人々の経済的自立を応援する取り組みの中で生まれた。

ワークショップでは、製菓材料のチョコレートを溶かすのではなく、チョコレートの原料である「カカオ」から作る「ホンモノのチョコレート」作りを楽しめる。

無印良品 「セレオ八王子」、「グランフロント大阪」、「有楽町」の3店舗で開催する。

開催日時
セレオ八王子店
10月20日10時10分〜、21日10時10分〜
グランフロント大阪店
11月3日11時〜、15時〜(同日2回開催)
有楽町店
11月5日11時〜、15時〜(同日2回開催)

1回約120分を予定。参加費は税込1500円。定員は各回10名で、定員に達し次第受付を締め切る。12歳以下の方は保護者の同伴で参加可能。