アーノルド・シュワルツェネッガー、12月にも離婚成立へ

写真拡大

 アーノルド・シュワルツェネッガー(67)とマリア・シュライバー(58)の離婚が12月に成立する見込みだ。

現在友好的な関係

 1986年に結婚した2人は、シュワルツェネッガーとハウスキーパーであったミルドレッド・バエナとの隠し子が発覚したことで3年前に破局した後、2011年の7月に離婚を申請していた。ある関係者はメールオンラインにこう話す。「長い道のりでしたし、2人にとって最優先事項ではありませんでしたが、離婚はほぼ完了しました。弁護士は最終的な事項を詰めているだけです」「もしすべてが予定通りいけば、クリスマス前までには終わるでしょう」

 4人の子供を持つ2人は、4億ドル(約430億円)の財産分与について「友好的な」同意に至っているというが、簡単な作業ではなかったとその関係者は続ける。「かなり長い法的な手続きで、あらゆる意味で簡単なものではありませんでしたが、マリアとアーノルドは現在友好的な関係にあり、同意に至っています」「分与すべき多大な財産を持ち、子供たちへ相続する遺産がある場合、常に想像するよりはっきりと定義されていないものなんです」「しかしマリアとアーノルドは双方の相違を解決し、話をするような関係になっています。結局のところ4人も子供を一緒にもうけているわけですからね」「2人とも良い状態にあって、次へと進む準備が出来ています」

 この財産はシュワルツェネッガーの推定3億ドル(約320億円)とジョン・F・ケネディ元米大統領の姪であるマリアの1億ドル(約109億円)という資産からきている。カリフォルニア州の法律においてマリアは、結婚生活中シュワルツェネッガーの収入の半分を得る資格がある。

Written&Photo by bangshowbiz