途中出場で積極性を示した武藤嘉紀「自信に変わったわけではない」

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4−0でブラジルが大勝した。

 同試合に途中出場したFC東京所属のMF武藤嘉紀は「積極的にいかないと、世界との差は見えないと思いましたし、チームが消極的になっているなか、自分が流れを変えたいという思いがあったんですけど、それも叶わなかったです」とコメント。また、「まだまだ自分として簡単に使うところだったり、自分で行くところの選択が今日は良くなかったので、そこの質も上げていければいいなって思います」と課題を述べた。

 さらに、ドリブルで突破する場面もあった武藤だが「当たり前のレベルにはまだ達していないと思いますし、何回も相手を抜いたわけではありません」と主張。「自信に変わったわけではないので、確信に変えられるようにチームでの練習、世界と戦えるだけの練習をしていかないといけないなって思います」と続け、レベルアップを誓っていた。