「007」新ボンドガールが決定、カンヌで絶賛の仏女優レア・セドゥに。

写真拡大

フランスの女優レア・セドゥが、「007」シリーズ最新作に出演することになった。24作目となるこの新作には、ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ベン・ショー、ナオミ・ハリスらも前作に続いて出演することになっており、レアはこのメンバーに加わることになる。

英紙デイリー・メールによると、サム・メンデス監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンが今回のボンドガールのルックスを決定するために、レアはさまざまな衣装、メイクアップを試し、カメラテストに臨むことになるという。

レアはアデル・エグザルホプロスと共演を果たしたアブデラティフ・ケシシュ監督作「アデル・ブルーは熱い色」で2013年度カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞を受賞したことで、映画業界でその名を知られるようになった。

この作品以外にもハリウッドの超大作「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、クエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」などにも出演している。

同作の幹部たちは当初スカンジナビア出身の女優をボンドガールに起用したいと考えていたようだが、最後の最後にフランス人女優であるレアに決めたのだと同紙は付け加えている。撮影部隊が撮影現場のためにローマを視察していたところを目撃されており、どうやら今回の新作にはイタリアの香りも漂うことになりそうだ。