ポスト直撃のシュートも…岡崎「大事なところで決めないとFWじゃない」

写真拡大

[10.14 国際親善試合 日本0-4ブラジル シンガポール]

 千載一遇の好機を生かせなかった。2試合連続でセンターフォワードで先発したFW岡崎慎司(マインツ)は後半10分にポスト直撃のシュートを放つも、4試合連続ノーゴールに終わった。

 前半35分にはDF酒井高徳の右クロスにダイビングヘッドで合わせたが、ゴール左へ外れる。そして絶好のチャンスは後半10分。MF田中順也の浮き球のパスに反応し、ゴール前に走り込んだが、PA内右の角度のない位置から放ったシュートは惜しくも右ポストを叩いた。

 ザックジャパンでは右サイドハーフを主戦場としてきたが、ハビエル・アギーレ監督の下ではセンターフォワードとして出場機会を与えられている。だからこそ、たとえ相手がブラジルといえでも、目に見える結果がほしかった。

「0-4という結果で、いつもどおりと思われるかもしれないけど、自分としてはあれを決めていればというのがある」。チャンスが少ないことは分かっていた。だからこそ、「決める決めないで、自分の価値が証明される。大事なところで決めないとFWじゃない」と悔しさを隠せなかった。

(取材・文 西山紘平)