本田圭佑 (撮影/岸本勉・PICSPORT)

写真拡大

アギーレ監督は、「ブラジル戦もアジアカップのメンバー選考のため」と言っていました。だからメンバーを大幅に変えたのでしょうし、本田圭佑長友佑都も先発では使わなかったのでしょう。

ですが、ブラジルと対戦できる機会は、そうそうありません。その貴重なチャンスを選手選考のために使ってよかったのか。また、代表経験の少ないプレーヤーでばかりでメンバー構成しては、選手が自分たちのいい部分を試そうとしても、なかなか出せるはずがありません。

相手からボールを奪っても起点ができない試合展開だったので、当然後半には疲れが出て、失点を重ねても仕方ありませんでした。ですが、だからといって出場選手にばかり責任があるとも思えません。本田、長友、香川真司、岡崎慎司、内田篤人などの主力を揃えて臨んだとしても苦しい相手なのです。

例えば前半は主力を投入し、後半になって少しずつ試したい選手と入れ替えるという手はなかったのでしょうか。僕はブラジル戦の位置づけを選手選考だけに使った、アギーレ監督のプランにも采配にも疑問が残りました。

ただし、采配を変えたとしても、ブラジルと日本の個人の差は大きく、敗戦濃厚だったのは間違いありません。ブラジルの選手は局面が詰まったとき、自分でパスコースを作ったり突破したりということができます。ですが日本は、他の選手にパスコースを作ってもらわなければなりませんでした。

ブラジルの選手は味方が厳しい局面に追い込まれても「自分でどうにかしろ」と突き放していました。その厳しい環境が、「個」の差を作っているのではないか。そう感じさせるブラジルのプレーぶりに、日本の甘さを見た気がします。

今回の僕の採点は「30点」。厳しいようですが、これで甘いと思わないと強くなれないとブラジルが言っている気がします。