ネイマールの快挙をお膳立て…代表通算40得点中7得点を日本戦で奪う

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表はブラジル代表が対戦し0−4で敗れた。

 ネイマールは18分に先制点を決めると、その後も攻撃の手を緩めることなく一挙3ゴールを奪い、貫録のパフォーマンスを見せつけた。

 同試合で、ネイマールはブラジル代表通算3度目のハットトリックを記録。これまで数々のゴールを決めてきたネイマールだが、代表戦での1試合4得点は自身初の快挙である。

 さらに、日本を相手に3戦連続の合計7得点を奪い、通算ゴール数を40に伸ばしたネイマールは、元ブラジル代表FWベベットの39得点を抜いて、ブラジル代表歴代単独5位に立っている。