格上ブラジルに圧倒された武藤「実力の差が浮き彫りになった」

写真拡大

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。貫録のパフォーマンスを見せつけたネイマールが4得点を決め、日本は0−4で敗れた。

 試合後、日本代表FW武藤嘉紀は以下のように語っている。

 途中出場した武藤は、「ブラジルとの実力の差が浮き彫りになってしまったので、自分としてもチームとしてももう一段階レベルアップしたいと思いました」と試合を振り返った。

 積極的に仕掛ける姿勢も見せた武藤だったが、「個人としてもタッチミスなどが多かったので、そこのパスやドリブルの選択を早くしていきたいと思います」と課題を挙げ、「このレベルを体感したので、さらにレベルアップできるように日々の練習からしっかり取り組んでいきたいと思います」とコメントしている。