行かなきゃ損!? 「街コン」男性の5人に1人は貯金500万以上!

写真拡大 (全3枚)

だいぶ定番となった感がある「街コン」。開催地を決め、町歩きやちょっとしたイベント企画も楽しめる新しいスタイルの「合コン」で、カジュアルなイメージが幅広い年代に人気です。

一方、形はどうあれやっぱり「合コン」だということで、あまり良くない印象を持っていたり、興味があるけど参加をためらってしまうという人もいますよね。

ですがその食わず嫌い、けっこう損してるかもしれませんよ。

 

■貯金300万以上は4人に1人、1,000万以上は10人に1人!

街コンを運営している「株式会社ハイパーエイト」は、街コン参加者362名をに対し、職業と貯金額についてアンケートを行いました。

同アンケートによると、男性参加者の約4人に1人が貯金額300万以上、内、約5人に1人が500万以上、そして10人に1人が1,000万以上だそうです。みなさん、目がドルになってませんか?

男性の平均年収が下がっているというニュースも見かけますが、けっこう頑張っている様子。その理由は参加者の職業にあるみたい。

 

■「高収入」だけど「出会いがない」男性多し!

こちらは男性参加者の職業のアンケート結果。

一般的な「会社員」や「営業」が約3割と目立ちますが、その次の約20%を占める「エンジニア」や「研究開発」は、技術職で男性には人気ですが、けっこう忙しく出会いもあんまりなさそうな職業といわれています。

「医師・弁護士」「会社経営」「役員」「公務員」「銀行員」など、収入の高そうな職業の割合は全体で20%程度。収入の割合と一致しますよね。

 

現在ではスマートフォンから気軽に参加出来る「合コン・街コン」アプリなんかも増えています。サービスの登録にはFacebookアカウントを使ったりと、女性でも安心して利用出来るように工夫されてるみたい。

「合コンで知り合った」なんて、珍しくもない時代。むしろ、意外とこういったイベントの方が素敵な出会いがあるかもしれませんよ。