左から川口たろう役の宮藤官九郎、服部哲役の山田孝之、佐々木役のリリー・フランキー ©映画「バクマン。」製作委員会 ©大場つぐみ・小畑健/集英社

写真拡大

2015年に全国東宝系で公開される映画『バクマン。』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、大場つぐみが原作、小畑健が作画を手掛け、2008年から『週刊少年ジャンプ』で連載された同名漫画の実写映画版。高い画力がありながらも将来に夢を持たず、平凡に生きる高校生・真城最高を主人公に、最高と秀才のクラスメイトで漫画家志望の高木秋人がコンビを組んで『週刊少年ジャンプ』での連載獲得を目指して奮闘する姿を、ライバルの天才漫画家・新妻エイジや新進気鋭の漫画家たちとの関わりなどを通して描く。

監督を映画『モテキ』で知られる大根仁が務め、主人公の最高を佐藤健、秋人を神木隆之介、最高が想いを寄せる声優志望のクラスメイト亜豆美保を小松菜奈が演じるほか、最高と秋人と共に『週刊少年ジャンプ』連載を目指す漫画家役に桐谷健太、新井浩文、皆川猿時がキャスティングされている。

今回新たに出演が明らかになったのは、最高と秋人の才能を見抜き、2人を支える『週刊少年ジャンプ』の編集者・服部哲役の山田孝之、2人を陰で見守る同誌編集長・佐々木役のリリー・フランキー、最高の叔父で、過労で亡くなった漫画家の川口たろう役の宮藤官九郎の3人となる。

【宮藤官九郎のコメント】
僕、漫画家や作家、あと死んじゃう役が多いんですけど、そういう意味では今回、得意中の得意の役どころだったので、いかに生命力の無さの引き出しをいっぱい持っているかを見せたいなと思って演じました(笑)。漫画家役は、2度目なんですけど、漫画を描く手元は違う人がやるんだろなって思っていたんですけど、基本は自分で描くという事だったので、練習はすごくやりましたね。撮影現場では、漫画家役を演じるよりも、漫画をひたすら一生懸命描いている時の方が、きっとより漫画家に見えているんだろうなと思って、なるべく今本番だとか意識しないように心掛けて演じてました。川口たろうという人は、不器用な感じで漫画しかないままの一生だったんですけど、自分なりの美学を持って生きていた人なんだろうと思います。漫画家も作家も、物を作っていくという所では共通する部分があるので、演じていてそういうところは好きでしたし、自分でもそうありたいなって思います。映画『バクマン。』是非、ご覧ください!!

【山田孝之のコメント】
服部は、感情がとても静かに、でも大きく変化するキャラクターです。最初、作品を持ち込んできた最高と秋人の二人の作品に対して、編集者として大して思い入れもなく、そっけない冷たい感じになっていますが、そこから徐々に彼らの作品が認められていくことを自分のことのように喜ぶようになっていきます。才能を秘めた二人の漫画家と一緒に成長していく喜びに加え、自分の担当ではない天才漫画家“新妻エイジ”という存在に対するライバル心が服部にもあって、より二人と共に頑張ろうという気持ちを強くしていったんだと思います。演じるにあたっては、感情の変化を物語の序盤から終盤に掛けて表情や口調などで微妙なニュアンスをつけるよう心掛けました。また、実際にジャンプ編集部に見学に行かせてもらって、服部のイメージを持った編集部の方と喋ったり、他の方と喋っている様子を観察するなどして、編集者の目線の置き方や間などを自分なりに参考にしました。今回、面白い原作を、共演してみたかった俳優陣と大根監督と一緒に仕事ができて本当に良かったです。

【リリー・フランキーのコメント】

僕が演じた佐々木は、最高と秋人の二人が成長していく過程を、ジャンプの編集長として見守っていく役どころ。実際にジャンプの編集長や編集部の方にもお会いしたときに感じた、独特の「修羅場をくぐり抜けてきた感」というか、どこか血の気が少し抜けているような雰囲気を出せるよう心がけました。それから細かな部分ですけど、編集長だからといって偉そうにしすぎない、かといって軽すぎない、二人に対してあんまり優しすぎないようにとか、演じる上でそのあたりのバランスもなかなか難しかったですね。あと僕は編集部にいるシーンが多いので、なるべく編集会議のところが面白くなればいいなと思いましたね。みんなとワイワイやって悪ふざけが通用するようなシーンって、あそこぐらいしかないんじゃないかと思って(笑)。完成した映画は、原作の魅力をリアルに描き出している作品になっていると思います。