8日、産経新聞のウェブサイトに書かれた記事が、朴槿恵大統領に対する名誉毀損にあたるとして、韓国の検察が産経新聞前ソウル支局長を起訴した。

この問題について10日、作家の竹田恒泰氏が韓国に対する厳しい見解を自身のTwitterアカウントに投稿した。


竹田氏は、韓国の検察が法律ではなく世論に基づいた判断をしたとして「北朝鮮と何ら変わらない。めちゃくちゃな国である。」とコメントしている。


さらに竹田氏は「韓国の記者が大統領の名誉を毀損するのはよくて、日本の記者が大統領の名誉を毀損するのは許さない」という現状に呆れているようだった。


【関連記事】
竹田恒泰氏 皆既月食みると「運勢が落ちる」
「ネタの応酬……」華原朋美と竹田恒泰氏の“熱愛騒動”喜んでいるのは芸能マスコミだけ
竹田恒泰氏と破局した元AKB畑山亜梨紗 矛盾発覚で印象は悪化