シャイア・ラブーフ、ストーカー女性に接近禁止令を獲得

写真拡大

 シャイア・ラブーフがストーカーの女性に対して接近禁止令を獲得した。

100ヤード内に近付かないように

 シャイアをアルベルト・アインシュタインだと思い込んでシャイアの自宅内にこれまで3度も姿を現したグラシエラ・ナール(31)に対し、常にシャイアの100ヤード(約91メートル)内に近付かないようにする接近禁止令が出された。ある時には、ナールはシャイアの私道でスイカを食べており、シャイアが立ち去るように告げると「あんたの家を爆破してやるわよ!世界を破滅させてやるわ!あんたはアルベルト・アインシュタインで私たちはお互いになくてはならない存在なの」と叫んだという。

 ゴシップサイトのTMZが入手した書類によれば、ナールはシャイアの自宅に子供を連れて現れ、シャイアとは前世で親友だったと言い張っていたそうだ。ナールは以前に突然シャイアの自宅に現れたことで警察に通報された際、犯罪脅威の罪で逮捕されたこともあった。

 ストーカーへの禁止令を獲得したシャイアだが、先日には自身も治安びん乱行為の罪により3カ月間の薬物乱用治療を受けることを命じられたばかりだった。この治療を完了し、6ヶ月間トラブルを起こさなければ、今回の違反行為はシャイアの記録から抹消される可能性が高いと見られている。アラン・カミングやミシェル・ウィリアムズらが出演しているブロードウェイ・ミュージカル『キャバレー』を妨害したとして、シャイアは今年6月26日に治安びん乱行為で逮捕されていた。

Written&Photo by bangshowbiz