「からくり改善」の解説をするマツダ本社工場・主幹の池原浩三さん

写真拡大 (全4枚)

 9月4日、東京・モントレー・バルセロナの3都市でマツダのライトウェイトスポーツカー「ロードスター」4代目モデルが世界初公開され、大きな話題となった。1989年に初代が登場して以来、多くのファンを獲得。2000年には「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブック認定を受け、現在まで記録を更新し続けている大ヒットスポーツカーだ。

 さらに、グローバル販売台数が対前年比6%増の31万9000台(2014年4−6月期)を記録するなど、マツダは業績面でも好調を継続。そんなマツダのヒットを生み続ける風土と好調を支えているのが、その独創的なモノづくり体制にあるという。その現場を取材した。

「マツダでは、企画や開発の場だけではなく、工場の現場においても社員一人ひとりがアイデアを出し合うことで、作業効率や品質を高める“からくり改善”に積極的に取り組んでいます。“からくり改善”によって、ラインで実際に生産する人たちのアイデアを引き出し、チャレンジする風土を育ててきました。

 自分たちの手で苦労しながら作業器具などを改善・製作することで、現場や器具に愛着が湧き大切に使用するようになる。故障してもすぐに直せる。水平展開が容易にできる。さらに進化させるアイデアが生まれる。チャレンジ精神が大きくなる、といったさまざまなメリットを実感しています」と、解説してくれたのはマツダ本社工場・主幹の池原浩三さんだ。

 からくり改善とは、日本ならではのからくり人形のように、モノの重力やテコの原理、ゼンマイ、カム、滑車の原理などを巧みに利用し、大規模なコストを掛けずに、日常の作業効率を上げ、製造現場におけるさまざまな問題解決に役立てるもの。マツダでは、部内、工場全体、全国でからくり改善を実施し、それぞれの創意工夫を競い合い、これまでに1000点以上の改善を社外にも公開している。

「自動車の組み立てというと、いろいろなパーツを取り付けていくイメージがあると思いますが、私の担当はいったん取り付けられたドアを、組み立て作業がしやすいように一時的に取り外す部署です。これまでは電動ドライバーでボルトを緩めてドアを外したあとに、ドライバーにくっついたボルトを手で取っていたのですが、この手間と時間を短縮できないかと考えたのが『ボルト戦隊取れるんじゃー』です」と語るのは、マツダ・本社工場 第1車両製造部の俵賢一さんだ。

 電動ドライバーはボルトやねじが落ちたり紛失したりしないように、磁石で固定できるようになっているものが多い。便利な機能ではあるが、日曜大工と違って大量のボルトを扱う工場では、その取り外しの手間や時間も積み重なれば大きい。俵さんの組立ラインでは、53秒ごとに1台の車が完成していくというからその作業も相当なものだ。

「ドライバーの先についたボルトを自動的に取り外すにはどうしたらいいか……。そのアイデアのきっかけとなったのは、ゲームセンターのUFOキャッチャーでした。アームが物を引っ掛けて、穴に落とす。この動きを活かしてボルトを外せないかと考えました。ドアの蝶つがいにバネを取り付けたものをUFOキャッチャーのアームの代わりとし、ここにボルトを引っ掛けて外します。ホームセンターで購入したり、工場の廃品などを活用したりした基本部品は、蝶つがいとバネとペットボトル。629円の材料費でボルト1つにつき0.6秒の時間短縮ができました」(俵さん)

 この『ボルト戦隊取れるんじゃー』は特定の部署で効果を発揮している例だが、1つの改善が水平展開され、工場全体で大きく活用されているからくり改善もある。それが『同期台車』だ。

 工場では1台のクルマがラインで移動し、各部署でパーツの取り付けや、組み立て、塗装などが順次行われていく。作業者はラインを止めないように一定の作業区間内で規定の作業を行うわけだが、その際にパーツや工具などは台車に載せられ、作業者の近くに常になければならない。台車がクルマと作業者の動きに合わせて自動的に移動してくれたら非常に便利だし、動作ロスも作業者の負担も軽減される。

 そこで十数年前に、マツダではラインを流れてくるクルマの動きに合わせて、作業者と台車が床ごと移動する『同期台車』を数百万円掛けて製作した。しかし、比較的小さく軽いパーツや工具などを使用する現場では、床ごと移動するような大規模な同期台車は必要ないため、もっとコンパクトかつ低予算でできる同期台車をからくり改善で作ったのだ。ある台車は、クルマが流れてくるとフックが引っかかり一緒に移動するというもの。さらに進化したものは、ペットボトルの重りによる滑車の原理で、作業が終わると台車が元の場所に自動的に戻る仕組みが付加されたものなどだ。

 そのほかにも、必要な枚数のパーツをワンプッシュで取り出すことができる『あっかんべー太郎』、救急車のストレッチャーを参考にして段差を乗り越えることができるようにした台車『バッタ君Jr』など、ネーミングもユニークなからくり改善がマツダの本社工場には数多くあった。

「『ボルト戦隊取れるんじゃー』は、思いついてから約1週間、作業時間8時間ほどで試作品を作り上げました。しかし耐久性が乏しく、社内の改善専門のチームである改善班にも協力を依頼して、完成までには1か月を要しました。苦労もありましたが、自分のアイデアで多くの人の仕事が楽になり、効率が上がることは大きなモチベーションアップにつながりますし、達成感もとても大きかったですね。これからもさらなる改善にチャレンジしていきたいと思っています」(俵さん)