写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウェザーニューズは10月14日、「オリオン座流星群」の観測ピークを迎える、10月21日夜の天気傾向を発表した。 

予想によれば、21日夜から22日朝にかけて、低気圧や前線が通過するため、雲が広がる地域が多いが、関東は強い南寄りの風によって晴れやすい条件になるため、流星を観測するのに適した天気になりそうとのこと。その他の地域は前線の影響で雲の隙間を狙っての流星観測になる模様で、特に中国や北陸といった日本海側の一部は厚い雲に覆われ、観測が難しくなるという。

同社では10月21日の22時から25時まで、全国各地から生中継を行う特別番組を予定。観測に適すると予想される全国7カ所からリアルタイムに流星の様子を中継する。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24Ch.」のほか、パソコンやテレビ(BS910Ch)でも無料で視聴可能となる。

さらに、「オリオン座流星群」の観測チャンスとなる10月21日22〜25時に流星が観測された際、スマホに通知が届き、いち早く流星動画を楽しむことができるサービス「流星キャッチャー」を実施する。こちらは前述の「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」や「スマートアラーム」から登録することができる(有料)。