ブラジル代表を警戒する塩谷「今までやっていた間合いではやられる」

写真拡大

 日本代表は13日、国際親善試合のブラジル代表戦に向けた前日練習を行った。

 10日に行われたキリンチャレンジカップ2014のジャマイカ戦で代表デビューを飾ったサンフレッチェ広島所属の日本代表DF塩谷司は、「個人でも打開できる選手が揃っていて、個々の能力が高い。やっぱりスピードもありますし、技術も高いのでカウンターが怖いイメージはあります」と対戦相手への印象を語った。

 さらに「シュートのタイミングとか独特だと思う」と警戒を示すと、「今まで自分がやっていた間合いではやられると思うので、しっかり詰めるディフェンスをできたらいいかなと思います」とコメント。ジャマイカ戦後にはハビエル・アギーレ監督が「彼はパーフェクトなゲームをプレーした。満足している」と高評価を与えおり、ブラジル戦での活躍にも期待がかかる。