太田宏介、スタメン出場へ意欲「クロスを見てもらいたい」

写真拡大

 日本代表は13日、国際親善試合のブラジル代表戦に向けた前日練習を行い、FC東京に所属する日本代表DF太田宏介が意気込みを語った。

 太田は、ピッチコンディションについて「良くないどころじゃない。砂場みたい。日本では絶対にない」と芝の影響を心配しながらも、「まずはチームのやり方をしっかり守りながら、その中でチャンスがあれば自分は前で勝負したいし、クロスのところだったりを見てもらいたい。チームのやり方で戦いながらプラスアルファも出していければと思います」と持ち前のクロスで貢献し、代表定着へアピールしていく姿勢を見せた。

 10日に行われたキリンチャレンジカップ2014のジャマイカ戦に途中出場した太田は、「気持ち的に出ると出ないとで全然違ったと思うし、少し気が楽になった」と明かし、「雰囲気だったり、中でしか味わえないことも分かった。ブラジル戦も、もしチャンスがあれば、いつもやっている感じでやれればいいですね」とコメント。スタメン出場へ意欲を示した。