iVIS mini X

写真拡大

キヤノンは2014年10月16日、自由な撮影スタイルで本格的な映像が楽しめるHDビデオカメラ「iVIS mini X」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は3万8800円(税別)。

置き撮りに便利な内蔵スタンドを装備

13年9月発売「iVIS mini」の後継機種。動画撮影時で最大対角約160度、静止画撮影時で最大対角約170度のワイドアングルレンズを搭載し、至近距離からでも幅広く撮影できる。広角撮影に加え、画面中央部を切り出して撮影できるアップ撮影にも対応するワイド/アップ切り替え機能を搭載し、アップ撮影時には新たに電子式手ブレ補正にも対応した。

バリアングル液晶モニターは、背面方向に最大約80度、対面方向に最大約90度開く2軸ヒンジタイプ。最大約60度まで自立する内蔵スタンドを併用することで、「置き撮り」「自分撮り」などさまざまな撮影スタイルが楽しめる。

撮像素子は1/2.3型の約1280万画素CMOSセンサー。新搭載の大口径ステレオマイクロホンにより、低音から高音までノイズの少ない臨場感ある音声記録が可能。Wi-Fi機能を備え、スマートフォンなどからSNSや動画投稿サイトなどに撮影した映像をアップロードできるほか、インターネット経由で外出先でも映像のライブ視聴が行える。また、新型バッテリーを採用し、連続撮影時間約2時間40分を実現した。

サイズは幅82×高さ30×奥行き109ミリ、重量は240グラム(撮影時)。