アメリカで蔓延している「EV-D68」とはどんなウイルスか

写真拡大

アメリカで広まりつつあるこのウイルスは、謎に包まれているだけでなく、希少で予測不可能な病原だ。このウイルスのワクチンは存在せず、重症の場合、入院が必要となる。

「アメリカで蔓延している「EV-D68」とはどんなウイルスか」の写真・リンク付きの記事はこちら

[データは記事が書かれた9月26時点のもの]アメリカ全土に広まったのは、わずか1カ月あまりのうちのことだ。いまや38の州に、エンテロウイルス68(EV-D68)が伝染している。

今後数週間で、この病原に伝染する州の数──確認されただけでも、いまのところ226人が感染して、1人の成人を例外として、全員が子どもだ──が増えることは間違いなさそうだ。状況を監視しているアメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention)がそう報告している

最近ウイルスに襲われたのは、メリーランド州、サウスカロライナ州、オハイオ州だった。しかし、「謎に包まれた」ウイルスと呼ばれ、アメリカに広がりつつあるこのウイルスはどのようなものだろうか? そしてなぜ危険となる可能性があるのか?

希少で予測不能なウイルス

生物学的に言えば、EV-D68は、ピコルナウイルス科の一員だ。1本鎖のRNAウイルスで、謎に包まれているだけでなく、他のエンテロウイルスよりもずっと一般的ではない病原で、これについては、感染やこれによる死亡に関してわかっていることはわずかだ。そしてアメリカ疾病予防管理センターも、このウイルスのための固有の監視システムを持っていないことを認めている。

このことに加えて、エンテロウイルスの蔓延は、多くの場合、予測不可能だ。年や季節を通して、特定のパターンに従うことはない。もっとも、少なくともアメリカにおいては、夏と秋が、学校が再開することもあって、最もリスクの高い時期と考えられているが。

最もかかりやすいのは子供

EV-D68は、1962年にカリフォルニアで初めて発見されたが、今回ほど広く蔓延する感染を引き起こしたことはこれまでなかった。恐らくは、変異によってウイルスがより攻撃的になったことが原因だろう。

一度宿主が感染すると、それほど激しくない軽度な呼吸器の症状を引き起こす。

その感染は、普通のインフルエンザと似た症状で発見される。筋肉の痛み、熱、寒気、咳、さらに、特にすでに喘息など呼吸器に問題を抱えている子どもにおいては、ひどい呼吸障害、呼吸困難などである。多くの場合、アメリカでは病院の集中治療ユニットに行き着くことになる。

TAG

DiseaseVirusWIRED IT

ウイルスは空気中を移動する

EV-D68は呼吸の障害の原因であり、そのため鼻水から唾まで呼吸器系のあらゆる分泌物の中に存在する。これらは感染を診断するためにも利用することができる(もっとも、アメリカ疾病予防管理センターは非常に著しい場合のみこの病原のための固有のテストを行うように薦めている。多くのウイルスが似たような症状を引き起こすからだ)。くしゃみ、咳、感染した表面(したがって目や、口や、鼻)との接触は、主要なEV-D68の伝染手段だ。

非常に深刻な場合は入院

EV-D68用のワクチンは存在しない。特定の抗ウイルス薬も存在しない。しかし、大多数のケースにおいて、ウイルスは幸運なことに致死的ではない。それほど激しくない症状は、鎮痛剤から解熱剤まで、普通のインフルエンザで用いられる薬によって処置することが可能だ。これに対して、非常に重い場合には、医療施設に助けを求めることが必要となる。呼吸補助装置だけでなく、気管の腫れを軽減するためにステロイドを処方してもらうこともできる。

予防を目指す

特定の処置が存在しないあらゆるケースと同じように、DV-D68による危険を減らすためのアドヴァイスは、予防に関するものだ。そしてこうしたアドヴァイスは、呼吸器系の病気が見られるあらゆる場合にいずれにせよ指示されることだ。

物や人の衛生をしっかりと心がける。手を頻繁に、しっかりと洗う、(反対に)鼻や、目や、口に触ることは避ける。病人や、彼らの使用した物との身体的接触を減らす。おもちゃやドアの取っ手のような、接触することの多い表面を消毒する。これに対して、すでにウイルスに感染した人は、学校や公共の場所などで、あらゆる手段で他の人との接触を減らすのがよい。

TAG

DiseaseVirusWIRED IT