ブラジル戦に向け守備の意識を高める細貝「辛抱強さが必要」

写真拡大

 日本代表は13日、国際親善試合のブラジル代表戦に向けた前日練習を行った。

 記者団の取材に応じたヘルタ・ベルリン所属のMF細貝萌は、ブラジル代表を相手に「まずは失点しないことが重要」と語ると、「個のプレーに集中してやることが前提で、その先にチームがあると思う。やはり個の能力が高いと言われている選手たちなので、どれだけ辛抱強くついていけるかが守備の選手としては大切になってくると思います」と守備への意識を高めた。

 相手にボールを保持される時間が長くなると予想する細貝は、試合展開について「相手の能力のある選手たちがどんどん仕掛けてくるからこそカバーリングしなければいけないし、(奪ってから攻撃に早く切り替える)イメージは多くの選手たちが共有できているのかなと思います」とコメントしている。