U−19日本、首位でAFC選手権ベスト8進出…前回優勝韓国敗退

写真拡大

 AFC U−19選手権グループリーグ最終節が13日に行われ、グループCではU−19日本代表とU−19韓国代表、U−19中国代表とU−19ベトナム代表がそれぞれ対戦した。

 第2節を終了した段階で韓国と中国が勝ち点4、日本が勝ち点3、ベトナムが勝ち点0で迎えた最終節。直接対決の結果が優先されるため、韓国に勝利しなければグループリーグ敗退が決まる日本だったが、南野拓実が2得点を挙げ、2−1と競り勝ち、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

 同時刻キックオフの中国とベトナムの一戦は、すでにグループリーグ敗退が決まっているベトナムが前半に先制点を得たが、試合終盤に中国が同点弾を挙げ、1−1で終了。勝ち点1を分け合った。

 この結果、勝ち点を6とした日本がグループ首位でベスト8に進出。2位には勝ち点5の中国が入り、前回大会優勝の韓国は勝ち点4の3位に終わり、グループリーグ敗退となった。

 U−20ワールドカップ予選も兼ねた同大会ではベスト4進出で出場権を獲得する。日本は4強入りを目指し、17日に準々決勝でグループD(イラク、カタール、北朝鮮、オマーン)の2位チームと対戦する。