FRBは12月に利上げをほのめかし、 来年6月から実施する?

写真拡大

【今回のまとめ】
1.非農業部門雇用者数は24万8000人と強かった
2.失業率はついに6%を割り込んだ
3.賃金の伸びは低い
4.FRBは慌てる必要は無い
5.政策金利引き上げをほのめかすのは12月か

雇用は強いが賃金の伸びは低い

 先週金曜日に発表された非農業部門雇用者数は24万8000人と強い数字でした。

 また7・8月の数字も上方修正されました。

 一方、失業率は2008年8月以降で最も低い、5.9%にまで改善しました。

 27週間以上失業している長期失業者数の数は、依然高水準ですが、急速に減ってきています。


 経済的理由からパートタイムの働き口で我慢している人の数も着実に減ってきています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)