自動運転機能を搭載したテスラ最強の自動車、「Model D」

写真拡大

現行のモデルSから新型モデルに乗り換えるつもりなら、朗報がある。新たに追加される4WDモデルは高度な安全装置を搭載しており、クルマが自動的に危険を回避し、運転(に近い何か)をしてくれる。

「自動運転機能を搭載したテスラ最強の自動車、「Model D」」の写真・リンク付きの記事はこちら

テスラの次期モデル「P85D」は、2つのモーターを搭載した4WD車だ。

例えばマクラーレンF1は発進から3.2秒で時速100kmに達するが、この4WD車はそれに匹敵する性能を備えており、現行の「モデルS」より効率性も優れているという。

「このクルマはぶっ飛んでるよ。(乗ると、まるで飛行機が)離陸するような感じで、とにかくクレイジーだ」と、CEOのイーロン・マスクは自身が舵を取るSpaceX本社に隣接するイヴェント会場で、聴衆に向けてコメントした。

現行のモデルSから新型モデルに乗り換えるつもりなら、さらに朗報がある。このモデルは高度な安全装置を搭載しており、クルマが自動的に危険を回避し、運転(に近い何か)をしてくれる。

モデルSの、「D」モデル

P85Dの外観は、モデルSセダンの外観を継承していて、マスクは内装の変更に関しても言及はしていない。明確な違いは、その中身にある。前輪の間に備え付けられた新しいモーターは、後輪部分とつながっている。4輪すべてに動力を送れるのは、雪道を走るユーザーには朗報だ。さらに、加速度と最高速度が更新されている。「P85D」は、現行の「P85」より1秒早く60mphに達し、最高速度は現行の130mphに対して155mphを叩きだした。

モデルSに追加される3つのヴァリエーションは、「Dモデル」として登場する[シリーズ名の末尾に“D”がつく]。従来のシリーズとそれぞれ価格を並べて挙げると、60kWhバッテリー車が71,070ドルから、同バッテリーのデュアルモーターシステムが75,070ドルとなる。85kWh車は81,070〜85,070ドルで、「P85」は105,570〜20,170ドル。60kWhモデルの販売は2月に始まり、「P85D」は12月には公道を走り始めるだろう。

60D & 85D: all wheel traction, optimized for efficiency. P85D: the fastest accelerating production 4-door car ever. pic.twitter.com/zCt5UeVLIC

— Tesla Motors (@TeslaMotors) 2014, 10月 10

何より印象的なのは、モーターを2個装備しているにもかかわらず、走行の能率と距離を向上させることに成功した部分だ。

「85D」「P85D」は一度の充電で275マイルも運転できるが、これは「85」「P85」より10マイルも長距離だ。60kWhバッテリーのモデルでも、その走行距離は208マイルから225マイルに伸びている。マスク氏によれば、前・後モーターへのパワーシフトを1ミリ秒で行うシステムによって能率向上が達成され、常に最適のタイミングで動作できているのだと言う。

オートパイロット

ラグジュアリー車市場のほとんどがそうあるように、この車もアダプティブクルーズコントロール(ACC)を搭載し、速度標識の認識や、衝突の危険を予測して停車させたり、レーンに添っての走行や、外や自宅ガレージに自動駐車することができる(マスクはクルマ自身が自動的に充電器を差し込む機能が欲しいと思いついたようだが、とりあえずエンジニアにはひと息つかせてあげるべきなのだろう)。

こうした機能は、これからのモデルSシリーズに搭載される新しいハードウェアによる恩恵だ。テスラはさらに、霧や雪の中でも先を見通すことができるレーダー、信号機や電灯、歩行者を認識できるカメラ、360度のウルトラソニック・ソナー、そしてナビゲーション──GPSやリアルタイムの交通情報等からなるデータを統合するシステム──まで追加するようだ。

オートパイロット機能で、自動で車線を変更できるという。

テスラの最終的な目標は、完全な自律走行車が叶わないのなら、部分的にでも”オートパイロット”モードに変更できるようにすることだ。テスラはまだその飛躍のための準備ができていない、とマスク氏は言う。セーフティシステムはまだ完全に頼れるわけではないし、自動走行車に関する規則についても検討せねばならない。

自動車の運転中にドライヴァーが居眠りをしても、安全に家まで辿り着く──。さすがにそれは無理だとマスク氏は言うが、危険運転に対してホイールが抵抗するシステムは可能だし、運輸省やその他規則が適用されない私有地で自動的にドライヴァーを迎えに来るよう設定することもできる。「ほぼ何でもできますよ」と彼は語った。

これらのシステムにまつわるテクノロジーの背景に、ダイムラーの影が見てとれる。彼ら2社はパートナーシップを結んでいて、テスラはメルセデスベンツBクラスの電気自動車に用いられているバッテリーを提供している。

2013年12月にダイムラーは、「テスラと数年に渡り良い関係を築き、パートナーシップを今後より広く深くしていくことを考えいる」と述べている。メルセデス車にはこうした機能が多く使用され、2020年には自動運転車を市場に出す目標を掲げている。

盛りだくさんの機能を抱えたテスラは、いままであと一歩のところで届かなかったラグジュアリー市場に、ようやく追いついた。現行のモデルSも性能的には目を見張るものがあったが、自車速度を一定に保つ機能に加えて、車同士の車間距離をモニターするアダプティブクルーズコントロールすら搭載されていなかった。

しかし、いまや自動車業界における真のイノヴェイターとして返り咲いたと言えるだろう。テスラによって、われわれに手の届くような素晴らしい電気自走車を開発するモチヴェーションが生まれた事ことを願う。

TAG

Auto PilotCarElectricVehiclesElon MuskTesla