オーストリア人少女が「イスラム国」に参加、妊娠後に家に帰れず

写真拡大

英紙「デイリー・メール」の10日付報道によると、一部の欧米の女性が信念や刺激を求めて、過激派組織「イスラム国」に参加したものの、興奮感や新鮮感が消えた後、このような生活には飽きてしまい後悔している。だが結婚や妊娠を迫られたり組織の規律に束縛されたりして故郷に帰れない。

【その他の写真】

17歳のサムラ・カシノビックさんと15歳のサビナ・サイモビックさんはオーストリアのウィーンで生まれ育ち、2014年4月にシリアに渡航し、「イスラム国」に参加し、同組織のイメージキャラクターとなって、現地の生活を誇示する写真をソーシャルサイトに常に投稿していた。

オーストリアの警察によると、2人はすでに過激派組織の兵士と結婚して妊娠中だという。オーストリアメディアは国家安全当局の情報筋の話を引用し、2人はシリア北部都市のラッカに住んでおり、家族と連絡を取り、家に戻りたい意思を伝えたと報じた。

フランス人の女子高生もオーストリア人少女2人と似た境遇に陥った。彼女は何度も電話で家に戻りたいと語り、「嘘つきと偽善者に囲まれている」と訴えた。2014年5月、彼女の兄がシリアに行って妹に会った。兄は「部屋に入ると、妹が涙を流し、私の手をしっかりと握って放さなかった」と語った。妹と指導係の会話を聞くと、指導係は妹の帰国を許さなかったという。5月以降、家族は彼女と連絡を取れなくなった。

関連データによると、「イスラム国」に参加した女性は少なくない。過激派組織に参加した約200人の女性の出身国は14カ国に及ぶ。そのほか、「イスラム国」がイラクとシリア以外の地域で新たに募集した戦闘員のうち、女性は約15%を占めたという。

(翻訳 王秋)