シンプルながら、ダイナミックな存在感

写真拡大

セイコーウオッチは、高級ウオッチブランド「クレドール」から、クレドールブランド誕生40周年と、セイコー独自の駆動機構である「スプリングドライブ」発売15周年を記念したモデル、「叡智II」を2014年10月10日に発売する。

色あせない輝きと美しさを追求

手作業でムーブメント部品を磨き上げ、色あせない輝きと美しさを追求し、耐久性や操作性などの基本機能を向上させた。

ダイヤルに配置していたパワーリザーブ表示(ゼンマイの巻き上げ具合を表示)を裏側に配置。ダイヤルが時針・分針・秒針の3針のみのシンプルなデザインになった。また、35ミリだったケースを39ミリヘサイズアップし、堂々とした存在感を感じさせる。

ムーブメントは、2枚構成にした「受け」部品にパワーリザーブ表示をバランスよく配し、シンプルながらもダイナミックな印象。「受け」の輪郭、ルビーやねじ穴周りの面取り部は、どの角度からも美しく輝くよう、曲面形状に鏡面仕上げされている。

初代「叡智」に続き、「トルクリターンシステム」を搭載。トルク(回転軸周りの力のモーメント、ねじりの強さ)が大きい独自機構「スプリングドライブ」の特性を生かした。ぜんまいのトルクが大きいフル巻状態から約35時間は、精度と運針に影響のない約30%のぜんまいトルクを活用し、ぜんまい自らを巻上げる機構。限られたエネルギーを有効に使うので、従来の手巻式「スプリングドライブ」の持続時間より約25%向上し、最大巻き上げ時約60時聞を実現した。

信州に降り積もる雪をイメージした純白の磁器製のダイヤルに、卓越した職人が12箇所のアワーマークとクレドールロゴを一点一点手描きした。

希望小売価格は550万円(税別)。