たったひとさじ!米で大ブーム「朝コーヒーにバター」で36kg減も

写真拡大

あなたは、コーヒーに何を入れて飲みますか? ミルク、それとも砂糖?

実は今、アメリカで注目度が急上昇しているのが、コーヒーにバターを入れる飲み方。

意外な組み合わせに度肝を抜かれますが、このコーヒーで36kgものダイエットに成功した人が実在し、その効果に注目が集まっています。

“バターコーヒー”の始まりは?

コーヒーにバターを入れる飲み方は、「Bulletproof Coffee(防弾コーヒー)」と呼ばれ、この言葉が今アメリカのインターネット検索で急上昇しており、注目のワードなんです。

このコーヒーがこれほど話題となっているのは、ダイエット効果があるという点が大きな理由のひとつでしょう。朝、バターを入れたコーヒーを飲むと、一日のエネルギーがみなぎり、脳や心身の活性化を促すと考えられ、実際に、このコーヒーで約36kgの減量に成功した人がいるといいます。

また腹持ちがよいことから、間食を抑えるといったメリットも期待できます。

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーを作るときにポイントとなるのが、無塩のグラスフェッドバター。グラスフェッドバターとは、通常はトウモロコシや麦などの穀物をエサにするところ、牧草だけで育てられた牛の乳から作ったバターのことです。

通常のバターは健康によくないといわれる飽和脂肪酸を多く含んでいますが、グラスフェッドバターは、不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、コレステロールや中性脂肪の減量に効果があるといわれ、そんな良質のバターを使用するのが、この飲み方のポイントとなります。

グラスフェッドバターを、コーヒーに小さじ1〜2杯程度入れて出来上がり。これまでミルクや砂糖をコーヒーに入れていたら、その代用としてバターを加えます。気になる味は、クリーミーな感じが増してコクもプラスされます。バターは牛乳などと同じ乳製品ですから、奇抜な味わいになるわけではなく、コーヒーともマッチするのでしょう。

グラスフェッドバターに含まれる不飽和脂肪酸は、オリーブオイルや亜麻仁油などにも含まれる良質の油で、この不飽和脂肪酸を効果的に摂取することで、ダイエット効果があることはよく知られています。そこで、このバターコーヒーで痩せるというのも、それと同じ理論に基づいたもの。

ただし、バターを加えることによって、100〜200kcalほど、カロリーがプラスされるという点を忘れずに! 

バターコーヒー、試してみたくなりましたか? 一日の活動を始める朝食に取り入れるようにするとよさそうですね。

【関連記事】

飲む時間や量がミソ!本当に痩せる「コーヒーダイエット」の掟5つ