「了解」「OK」などの文字を打たなくても、スタンプだけでやりとりができたり、文字だけ送るよりも気持ちを伝えられると人気のLINEスタンプ。

 今までは企業や有名キャラクターものが中心だったが、クリエイターズマーケット枠が登場し、新たな広がりを見せている。LINEスタンプ企画チームマネジャーの渡辺尚誠さん(渡辺さん・以下「」内同)はこう語る。

「有名なキャラクターものだけでは、非常に閉ざされた世界のものになりかねない。そこで、たくさんの人が面白いスタンプを作ってくれれば、ユーザーにとっても選択肢が広がると考え、今年5月にスタートさせました。現在、LINEスタンプは海外でも販売されていますが、もっとグローバルに展開し、クリエイターのかたに活躍の場を提供することで、ビジネスを活性化させたいと考えています」

 クリエイターズスタンプの特徴は、プロ、アマ関係なく無料でLINEスタンプを作成し販売できること。しかも売り上げの50%が収益としてクリエイターに入る。

「スタンプは日本の場合、ワンパッケージ40個・100円で販売。スタンプが1個売れれば、クリエイターには50円入る計算になります。販売開始から3か月でトップ10のスタンプの平均収益は、2230万円でした」

 1個売れば50円なのに、すごい金額! トップ10の平均がこれならトップ3は…!?

 ただし、トップ10に入るには、それなりの工夫は必要。何せ、9月末現在で販売されているスタンプは1万7000個を超えているのだ。

「最初はまったく売れなくて、2週目、3週目になって売り上げが伸びていくというパターンも多いので、気長に待つことも必要です。また、作成してすぐに発売になるわけではなく、審査もあります」

 審査内容は、LINEのガイドラインに沿って、著作権に問題はないかなどがチェックされる。暴力的、性的なメッセージの強いものは原則NG。肖像権の問題があるので、写真を加工することも禁止だ。

「それ以外は鉛筆で描こうがパソコンで作成しようが自由。発想豊かなスタンプを随時募集しています」

 多少、絵が下手でもユニークで使い勝手のよいスタンプなら採用される可能性は大だとか。

※女性セブン2014年10月23・30日号