放射線分析を行う5府県が関連機器3200万円分を余分に購入

ざっくり言うと

  • 5府県が、放射線検出器など計約3200万円を余分に購入していたと発覚した
  • 国の委託で放射性物質の検査や分析をしている秋田、群馬、大阪、鳥取、山口
  • 会計検査院は、機能が十分に説明されず、費用が節減できなかったと指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング