「風船で」世界へ動画を配信:次世代メッセージボトル・プロジェクト(動画あり)

写真拡大

風船を使って、メッセージを送る。その過程をロボティクスで行う。若いデザイナーが考案したコミュニケーションは、デジタライズされる現代へのアンチテーゼなのか。現代の“メッセージ・イン・ボトル”プロジェクト。

スイス在住の少年、デイビッド・コロンビーニは、あるコンテストに参加した。彼らが競ったのは、風船を空に放ち誰が一番遠くに飛ばせるかというもので、コロンビーニは見事、優勝した。彼の風船は、隣国オーストリアまで飛んでいったのだという。

「「風船で」世界へ動画を配信:次世代メッセージボトル・プロジェクト(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

さて現在、当時10歳だった少年コロンビーニは成長してデザイナーとなった。彼が手がけた最近のプロジェクトが、彼の子ども時代の記憶を元に始まったことは容易に想像できる。そのプロジェクトとは大きな生分解性の風船にマシンを付けて、デジタルメディアを世界中へ配信するというものだ。

彼のプロジェクト「Attachment」は、コロンビーニが学生時代在籍していたECAL(スイス州立ローザンヌ美術大学)のプロジェクトとしてスタートした。クラウドソーシングサイトで資金を募り、提携校のEPFLにあるエレクトロニクス・ロボティクスグループ「Robopoly」の手を借り製作を進めた。

利用手順はこうだ。まずAttachment.ccのウェブサイトにアクセスする。そこで氏名、メールアドレス、短いメッセージとお気に入りの画像または映像を添付。するとマシンはメッセージと添付したコンテンツ専用のURLを紙切れに印刷するので、それを小さなバイオポリマー容器に入れる。この容器がヨガボール大の風船に取り付けられる。「風船は無作為に飛んで行き、誰かしらによって受け取られる」(コロンビーニ)わけだ。

詩的、私的アプローチ

コロンビーニはこのAttachmentを「デジタル時代のコミュニケーションに対する詩的なアプローチ」だと説明している。

「テクノロジーの存在によってすべてがわたしたちのコントロール下にあり、日々その速度は増しています。Attachmentを通じて、そのテクノロジーを用いながらも、ランダムで予測出来ないことのよさを、再認識させたいのです」と、コロンビーニは語る。これはつまり、YouTube世代の“ボトルメッセージ”なのだ。

マシン自体はまだ製作過程にある(Attachment.ccは一時的に閉鎖中だ)。それに、現在の段階でわかっていることとして、作業の自動化は80%程度で、どちらにせよ人の手による風船への取り付けが必要となる。コロンビーニはこれを完全自給できるように幾つか手を加えていくとコメントするとともに、風船と容器の両方が環境に無害な素材を使用していくことも検討している。

コロンビーニはAttachmentが、最終的には美術館の庭や屋外イヴェントにおいて一時的に使用されるのが目標だと述べた。「ただのメッセージ送信サービスではなく、特別なパフォーマンスのひとつとしてイメージしています」。

TAG

CommunicationDesignMessage ServiceWIRED USYouTube