<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 最終日◇12日◇サミットゴルフクラブ(6,878ヤード・パー72)>
 シニアメジャー「日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ」の最終日は通算15アンダーでホールアウトした尾崎直道、渡辺司、室田淳の3人によるプレーオフに持ち込まれた。実力伯仲の3人によるサバイバルは3ホール目にパーの室田が脱落。2人の勝負となった4ホール目は渡辺がパー、そして尾崎がバーディを奪い決着。三つ巴のプレーオフを制し尾崎直道がシニアメジャー初優勝を挙げた。
 通算13アンダー単独4位に水巻善典。続く通算12アンダー5位タイには井戸木鴻樹とポール・ウェセリンがつけた。通算11アンダー7位タイには奥田靖己、高島康彰。さらに白浜育男、清水洋一、ブーンチュ・ルアンキット(タイ)が通算10アンダーで9位タイとした。
【最終結果】
優勝:尾崎直道(-15)
2位T:渡辺司(-15)
2位T:室田淳(-15)
4位:水巻善典(-13)
5位T:井戸木鴻樹(-12)
5位T:ポール・ウェセリン(-12)
7位T:奥田靖己(-11)
7位T:高島康彰(-11)
9位T:白浜育男(-10)
9位T:清水洋一(-10)
9位T:ブーンチュ・ルアンキット(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>