ドイツ・ケルンで9月に開催された映像用品のイヴェント、フォトキナで、私たちは撮影後に焦点を合わせることのできるカメラ、Lytroの作り手と、写真の未来について話をした。

「「カメラだけを売るつもりはない」〜あとでピントを合わせられるカメラLytroのCEOに訊く」の写真・リンク付きの記事はこちら

確かに時間はかかるだろう。しかし最終的には「ライトフィールド・テクノロジーが写真の市場を変えるでしょう」。Lytroの社長兼CEO、ジェイソン・ローゼンタールはこう語りながら微笑み、自らの大きな野望を隠そうとしない。ケルンのフォトキナで彼の小さなスタンドを文字どおり囲んでいる写真の大企業に少しでも怖じ気づいているようには見えない。

「市場を根本から変貌させます。わたしたちがフィルムからデジタルに移行したときに目撃したような、もうひとつの画期的な変化となることでしょう」

フォトキナ会場で、彼の“スタートアップ企業”──120人の従業員がいて4年活動しているにもかかわらず、彼はまだそう呼ぶことを好む──は、山のようなジャーナリストの関心を惹いていた。ジャーナリストたちはローゼンタールをはじめ経営陣にインタヴューをしようと列を成し、また一方では数えきれないほどのデモ・セッションが行われている。

ライトフィールド・テクノロジー──カメラ「Lytro Illum」はその最も新しい具現だ──が、どのように機能するのかはいまさら珍しい話ではない。なぜなら、20年以上続く研究の成果だからだ。

こちらの記事にもあるとおり、Lytroは撮影している場面に関する一連の情報を記録し、保存することができる。人間の目と同じような方法で加工することで、情報はより広範なものになり、ほとんど三次元になる。

専用のソフトウェアによって、開口や被写界深度などのパラメーターをあとで定義することで、Lytro Illumは、非常に幅広い仕方で撮影した後の情景に手を加えるという小さな奇跡を可能にする。

イメージは、もし専用の埋め込みプレーヤーを用いて例えばオンラインで公開すれば、「生」でインタラクティヴなままにすることができる。もしくは、好みのセッティングで固定して、印刷することもできる。

TAG

3DBusinessCameraHeadlineNewsLytroPhotographRecommendWIRED IT

「カメラの問題だけではありません」と、ローゼンタールは明言する。「センサーとレンズによって動作するどんなデヴァイスも、このテクノロジーから恩恵を得ることができます。結果として、医療用イメージングから、映画、携帯電話に至るまで、私たちはどのような分野でも有益となることができます」。


──顧客からはどのような種類のフィードバックを受けていますか? 彼らはどのようにIllumを使っていますか?

わたしたちは彼らを「クリエイティヴなパイオニア」と呼ぶようにしています。好奇心にあふれ、熱狂的な人々です。昔もいまも、彼らは新しいテクノロジーやソリューションを導入して、コンシューマー・ユーザーに先だって道をならしてくれる存在です。

彼らは、わたしたちのカメラを使って、すばらしい取り組みをしています。先週、ニューヨークでファッション・ウィークがありました。あるスタイリストは、ファッション・ショーや個別の衣装を文字通り“ブラウジング”するために、タッチするだけで焦点や被写界深度、視点までも変えられるイメージをつくり出そうと、Illumを使いました。

──Lytroの次の歩みはどのようなものになるでしょうか?

わたしたちは、いまあるものを改善するために、そして完全に新しい製品をつくり出すために働いています。わたしたちには様々な目標がありますが、その1つに、映像における挑戦があります。写真においてわたしたちがすでに実現したことを、映画においても成し遂げることです。例えば動画のなかで、あとから焦点や被写界深度に手を加えることができるようにするために、わたしたちのテクノロジーを用いるのです。そして間違いなく、わたしたちはこれを達成するでしょう。

──ライトフィールド以外に、有望だと考えている他のテクノロジーはありますか?

わたしたちは、計算写真学(Computational Photography)と呼ばれるこの産業のなかで進んでいるより大きなトレンドの一部です。そこでは、GoProからInstagramの「Hyperlapse」のような新しい専用アプリまで、互いに大きく異なるけれど同じように興味深い体験を生み出しているものばかりです。まさに私たちがしていることのように、コンピューターの計算能力をデジタル・イメージングと組み合わせることによって得られるもののいくつかの例に過ぎません。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 1410868603_foto-16-09-14-10-14-18-1200x710

1/4

1410868608_foto-16-09-14-10-14-50-1200x710

2/4

1410868614_foto-16-09-14-10-15-04-1200x710

3/4

1410868619_foto-16-09-14-10-15-46-1200x710

4/4

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 1410868603_foto-16-09-14-10-14-18-1200x710

1410868608_foto-16-09-14-10-14-50-1200x710

1410868614_foto-16-09-14-10-15-04-1200x710

1410868619_foto-16-09-14-10-15-46-1200x710

──実際的な話をしましょう。売上げはどうでしょうか?

7月の終わりにLytro Illumを売り始めました。そして世界中で大好評です。在庫がなくなってしまったので、生産能力を高めるために働いているところです。わたしたちの主要な市場は、アメリカとヨーロッパです。

──オンラインのみで販売しているのですか?

それだけではありません。わたしたちは専門家や本物の愛好家が経営したり通ったりしているような店にも進出しています。購入者たちに、可能なかぎり最高の体験と、持続的なサポートを保証することができます。ただし大規模流通を考えるにはまだ早すぎます。わたしたちの製品は、まだ愛好家や専門家のための製品なのです。

TAG

3DBusinessCameraHeadlineNewsLytroPhotographRecommendWIRED IT