投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の10月6日〜10月10日の動きを振り返りつつ、10月14日〜10月17日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は下落。週初こそ、予想を上回る改善を示した9月の米雇用統計を受けて、日経平均は大幅に続伸して始まった。しかし、25日線が心理的な上値抵抗となるなか、その後は国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長見通しを引き下げ。8月の独鉱工業生産が2009年1月以来5年半ぶりの大幅な落ち込みとなるなど、世界景気に対する不透明感から、15600円割れ。さらに8日の米国市場では、FOMC議事録を受けて早期利上げ懸念が後退し、NYダウは270ドルを超える上昇をみせたが、海外株高を活かすことはできず15500円を割り込むと、週末にはNYダウの300ドル超の下落を受けて、15300円を割り込む波乱の展開に。

 もっとも、足元では海外勢による断続的な売りが続いていたほか、為替市場では円安一服、世界経済に対する不透明感から目先的な調整はある程度は想定されていた感はあった。しかし、16日に上場が予定されているリクルート<6098>参戦のための換金売りといった見方がされていたとはいえ、新興市場の主力銘柄を中心とした中小型株の大幅な調整が需給悪化への警戒にも。

 今週は米国では決算発表が本格化してくる。ゴールドマン・サックスなど大手金融機関のほかインテル、グーグルなどが決算を予定しており、決算を受けた米国市場が不安定な値動きをみせてくると、東京市場も一段安が警戒されてきそうだ。足元の円安一服によって業績上振れ期待が後退していることもあり、利益確定の流れが強まる一因にもなりかねないだろう。

 一方、リクルート<6098>が上場する。週半ば以降の中小型株の調整などは、リクルート参戦のための換金売りとの見方がされていた。受け渡しベースでは10日までは換金売りが出るとみられており、今週以降は、資金が還流してくることも考えられよう。足元の大幅な下げによって値ごろ感も台頭してきており、中小型株への見直しのタイミングとなる可能性はありそうだ。

 また、日経平均は今週の調整で一目均衡表の雲下限レベルまで一気に下げてきた。シグナルは悪化しているが、8月の調整局面においても雲下限が支持線として機能していた。これを割り込んできたとしても、26週線や200日線を意識すれば、ここからの調整幅は100〜200日程度となるため、この水準からは押し目拾いのタイミングを見極めるところとみておきたい。まずは、個人のセンチメントを計るため、ミクシィ<2121>、サイバーダイン<7779>、テックファーム<3625>、クラリオン<6796>辺りの動向に注目か。