ポルシェ新型「911カレラGTS」シリーズ

写真拡大

ポルシェジャパンは2014年10月11日、新型「ポルシェ 911カレラGTS」シリーズ」として「911カレラGTS」「911カレラGTS カブリオレ」「911カレラ4GTS」「911カレラ4GTS カブリオレ」の予約受注を始めた。希望小売価格は1702万〜2017万円。

最高出力430馬力の3.8リッターエンジン搭載

同シリーズは、400馬力の「911カレラS」と、475馬力の公道仕様スポーツカー「911GT3」の中間となる位置付けで、クーペ、カブリオレのそれぞれ後輪駆動と4WDという4つのモデルをラインアップした。

全車に、最高出力430馬力を発生する3.8リッターエンジンを搭載する。トランスミッションは7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)。毎時0-100キロ加速タイムは4.0秒(カブリオレは4.2秒)を実現した。

エクステリアは、ワイドなリアホイールアーチとトレッドを備える「911カレラ4」のボディーを採用し、マットブラック塗装のセンターロック式20インチホイールや、専用トリム、ブラック仕上げのバイキセノンヘッドライト、ブラックに塗装されたクロームメッキ仕上げのエグゾーストテールパイプなどを標準装備する。インテリアでは、スポーツシートのレザートリムの中央部にアルカンターラを使用した。