ベン・アフレック、ブラックジャックの裏ワザ使用を認める

写真拡大

 ベン・アフレックが4月にラスベガスでカードの価値を数えてギャンブルのリスクを減らす裏ワザを使っていたことを認めた。

ゲームが上手いということがルール違反

 ベンはブラックジャックが「上手い」ことでお仕置きを受けたとしながらも、その技を使用していたことでハード・ロック・ホテル&カジノを追い出された事実はないとその一件について語っている。「あれは本当の話だよ。実際に起こったと言えるね。俺はゲームについて学ぶことにある程度の時間を費やしたから、けっこうなブラックジャック・プレーヤーになったわけさ。でも上手くなると、カジノ側はブラックジャックをやるなと言ってくるんだよ。カジノのことを話すとすれば、ゲームが上手いということがカジノではルール違反とされるってのが現実なんだ」「俺はずっとブラックジャック好きなんだ。運に左右されるほかのゲームはやらないんだよ。アメフトにもかけないし、ブラックジャック以外は実際、まったくギャンブルはしないんだ。でもブラックジャックでは確立を上げる方法っていうのがあることを知っているんだ。だからそれを学び始めたんだよ。それで人生のある時点で『何かやるなら、出来るだけ上手くなるように努力しよう』と思うようになったんだよね」

 しかしベンは、警備員にカジノから連れ出されてはいないと続けている。「そんなことないよ!それが事実だったらかっこいいけどね。だって『アイツを連れ出せ!マジシャンだ!』って感じだろ。残念ながら実際はスタッフが来て、『あなたにブラックジャックはプレーさせられません。でもほかにもテーブルゲームはありますよ!チャイニーズ・ポーカーもありますよ!』ってだけだったね」

 そんな一件を経験したベンは、その翌月の5月にもカナダのオンタリオにあるシーザー・ウィンザー・ホテル&カジノを追い出されたとも言われている。

Written&Photo by bangshowbiz