プラチナムプロダクションより

写真拡大

 先日、『ウチくる!?』(フジテレビ系)で、振付師であるKABA.ちゃんが「45年育ったタマ取りました」と告白した。どうやらKABA.ちゃんは睾丸摘出手術を受けたものと見られるが、同番組では「戸籍変える」という発言も。現在、日本において戸籍上の性別変更を行うには"希望する性別の性器に似た外観にする必要"があるため、今後はさらに性別適合手術を受けるのではないかと思われる。

 まだまだとはいえ、性同一性障害への理解も進みつつある現在。しかし、性別適合手術というのはどんなものか、詳しく知っている人は少ないはずだ。一体、具体的にはなにをどうするものなのか......。今回は、エッセイスト、イラストレーターとして活躍する能町みね子氏が性別適合手術を受けた際の実録エッセイ『トロピカル性転換ツアー』(文春文庫)から紹介したい。

 まず、男性から女性への手術はどのように行うのか。能町の解説を引用しよう。

「チン子の中身の、海綿体とよばれるスポンジの部分(興奮すると血がたまってふくらむところですよね)を全部かきだして、皮だけを残して、亀頭のところをクリトリスに、棒だったところの皮のヒダの、陰唇とよばれる部分や膣の内壁にするらしいです」

 なんだかものすごくアクロバティックな手術のようにも思えるが、亀頭と表皮を活かすのは、「性的な感覚がそのまんま残るらしい」からなのだとか。感度には個人差はあるというが、なるほどである。

 しかし、ピアスと同じように、穴を開けるとそれを閉じようとするのが体の仕組み。そのため、ファーストピアスにあたる「ダイレーター」という、「先端の丸まった棒」を「1日に2回か3回、1時間くらいずつ」入れる必要があるらしい。能町にとってはこれがイヤだったようで、たしかに「昼、友だちと遊んでて「ちょっとダイレしてくるね」とか、ない。無理。だってアレですよ。膣に異物を挿入する作業ですから」といわれると、その気持ちもよくわかる。

 こうした手術を受けるため、彼女が選んだのはタイのリゾート地・プーケット。しかも、これが初の海外旅行。だが、「ふつう入院2週間、退院後は軽い観光も可、というくらいで、少し大きな整形手術という程度」という認識だったため、「よーし、パーッと気楽に受けて帰ってこよう!」と考えていたらしい。だが、「入院体験は私だけ一筋縄じゃいかなかったんです」と綴っているように、これが波乱に満ちたものとなった。

 通常の入院の経過は、1日目に「体調の検査」。2日目は「第1段階の手術」として、「いわゆるゴールデンボール」を取る。5日目か6日目には「詰め物を取り替える手術」、9日目か10日目に「第2段階の手術」として「前に取っておいたチン子や袋の表皮を、膣内の皮として移植」。そこからは2日間くらいは「皮膚移植を安定させるために絶対安静。歩行禁止」となり、「問題がなければ15日目頃に退院」。だが、退院したからといってすぐに帰国するのではなく、「できれば1週間程度は現地にとどまり(中略)そのあいだに一度病院に来て診察を受けることがのぞましい」という。

 しかし、彼女はこのとおりにいかなかった。1回目の術後、「大きな手術のあとに一時的に錯乱状態になる」せん妄のような症状が出てしまい、幻覚をみたりと精神的に不安定に。これが術後せん妄だったのか、鎮痛剤によるものだったのかは分からないらしいが、大変なのは術後2日目になっても熱が40℃近くから下がらず、何も食べられない状態になったこと。「起きあがるのもせいいっぱいだなんて......。こりゃあ生きて帰れるのか?」と思ったといい、「このへんの数日は笑えねえ」と記している。その後、持病が出たこともあり、入院期間を延長したという。

 もちろん、本人も「ネットで性転換手術記はいくつも読んできたけど、こんなに苦しかったっていう体験談なんか見たこともない」と述べているように、こうした症状は手術を受けた人すべてに起こることではないよう。しかし、初めての海外でたったひとり、この苦しみに襲われるのは、かなり不安だったことだろうと思う。それでも読んでいてほっとするのは、タイの病院が親切そうなことだ。「すごく体調は悪いくせに、この、ふつうなら絶対に経験できない貴重体験にだんだん私はワクワクしてきた。病院のホスピタリティがとてもいいおかげです」という言葉が飛び出すほどで、つくづく病院選びは大切だなと感じさせる。

 このような苦労の末、誕生した女性器であるが、それをはじめて見たときの感想は、「感動というよりも、衝撃」「グロくていまいち直視できず、その日はどこが何なのかよく分かりませんでした」。一方、戸籍上の性別変更完了の通知が届いたときの感想は、このようなものだ。

「正直、この紙切れ1枚はけっこううれしかった。OLになったりチン子取れたりしたときよりもうれしかった。それがなぜかといったら、やっぱり「もう何もしなくていい」ってことにつきますね」

 はるばる異国まで赴き、手術を受け、いろいろと面倒な手続きを行う。そうした「一連のおしごと」が終わったことの「あーつかれた、おつかれーッス」という気持ち。──これは経験者にしかわからない感情かもしれないが、この言葉を前にして、どうして性同一性障害の人たちがそこまで苦労しなければいけないのか、考える必要があるだろう。というのも、手術の問題をとっても、日本国内では性別適合手術を行う病院が数少なく、かかる費用も海外と比べると高額だという実情があるからだ。

 戸籍の性別変更が可能になった「性同一性障害特例法」の施行から、今年で10年。だが、現状は見直さなくてはいけない問題が山積していることを忘れてはいけないだろう。そんななか、性同一性障害をかかえた人はもちろんのこと、そうでない人にとっても大いに楽しめるこの体験エッセイは、理解を深められる貴重な入り口になるはずだ。
(水井多賀子)