カール・ツァイス、VRヘッドセットをリリース:99ドルで手に入る

写真拡大

カメラのレンズで名高いカール・ツァイスによるVRヘッドセットが販売予定だ。オキュラス・リフトに比べて、“消費者”向けの価格設定、仕様になっているようだ。

「カール・ツァイス、VRヘッドセットをリリース:99ドルで手に入る」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界中が、「Oculus Rift」(オキュラス・リフト)やソニーの「プロジェクトモーフィアス」(Project Morpheus)などのヴァーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットが消費者向けになる日を待ち望んでいる。

それを待ちきれずにいるVRファンの“前菜的役割”を果たしているのは、いまのところ、スマートフォンだ:実際、「Samsung Gear VR」(サムスン・ギアVR)のデモヴァージョンはアメリカの大手家電量販店、ベストバイでも用意され始めている。しかし200ドルという予想価格と、その4倍もするファブレット「GALAXY Note 4」(ギャラクシーノート4)が必要となると、手頃な類似品を望んでいるユーザーにとっては高い買い物かもしれない。

市場の現実と消費者とギャップを埋めるようと、いくつかのメーカーが「GearVR」の廉価版、“ヴューファインダー”モデルを開発しようとしている。ハードウェアを極力取り除き、映し出す映像も装着するスマートフォンディスプレイ単体に頼るのだが、加速度計/ジャイロスコープを使用することで、意図したヴァーチャル体験を提供するものだ。

具体例で言うならば、Google I/Oカンファレンスでグーグルが配布したカードボードキットが近いだろう。

これらのラインナップは、冒頭であげたより安値で高性能だが、

が、驚くべき事にある企業がこの市場に飛び込んできたのだ。その企業とはカール・ツァイス社である。

TAG

AROculusSmartphoneVRWearable DeviceWIRED US

カール・ツァイスは主に光学製品で知られており、同社のカメラレンズを目にする機会も多い。しかし、この部門は実は、巨万の収益を出す彼らにとっては氷山の一角でしかない。

さて、同社のある小さなチームは、もてる技術を99ドルのヘッドセット「VR One」に投じた。また、オキュラス同様に、ツァイスはこの製品の成長をデヴェロッパーコミュニティに委ねている。

SDKから使用可能なスマートフォンまで、ほぼすべてに関して“オープン”だ。たださしOSはiOSかアンドロイドに、ディスプレイサイズも4.7〜5.2インチに限られている。スマートフォンを差し込むためのトレイは、正しく設置できるように各端末用に用意され、VR Oneの内部レンズとカメラを調整し、拡張現実(AR)体験をヴァーチャル映像に上乗せする(最初に用意されるトレイは、iPhone 6とGalaxy S5用。将来の製品に関しては、ユーザーとデヴェロッパーのフィードバックをもとに展開する予定だという)。

喜ばしい事にVR Oneは12月には手に入るという。ただし、ツァイスがそれで何をしていこうというのか、まったくもって検討もついていないという懸念点もある。

ツァイスの内部チームはこれまでに2つのデモアプリを開発している。フォトヴューアーと、ARのPoC(概念実証コード)だが、前ヴァージョンを使用した限りでは競えるようなゲームやメディア体験、またはヴューアー内から直接VRアプリを起動するといった技術的部分は何もなかった。だがそうした短所を改め高まる関心に答えるために、同社はデヴェロッパー向けのコンテストの開催を予定しており、随時VR OneのTumblrページで公表していくと言う。

うまく行けば2015年中には手頃な価格で十分に設計されたVRソリューションを手に入れられるかもしれない。

TAG

AROculusSmartphoneVRWearable DeviceWIRED US