ティーンの間で大人気に。

MTI1MDA3NzM5MTgwMDYxOTcw

噂によると、ヤフーはすぐに消えてしまう写真や動画メッセージをやり取りするアプリSnapchatに投資することで、かつての「イケてるヤフー」の姿を取り戻そうとしているらしい。まだ協議中ということだが、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによると、Snapchatの評価額は100億ドルに上るという。

関連記事:米ヤフーのスタートアップ潰し

去年、フェイスブックからの30億円の買収話を蹴ったというSnapchatの莫大な人気と評価に戸惑う声も少なくない。友達やブランド会社と写真や動画をやり取りするだけのアプリに、一体どうしてそんな高額な価値が出るというのだろうか?

このメッセージングアプリ自体で儲けられる仕組みにはまだなっていない。しかし、報告によると、ブランド会社やパブリッシャーに対し、有料のニュースや広告をSnapchatユーザーに直接提供するオプションを検討中だという。その一方で、このアプリの成功に絶大な信頼を寄せている人々は、その成功のカギを握るあるモバイルユーザー・グループに期待している。そのグループとは、若者たちだ。

Snapchatとは何か

Snapchatを理解するには、映像クリエーターのケーシー・ネイスタットによる「フェイスブックを亡き者にするSnapchat」と題された動画を見るのが一番手っ取り早いだろう。その動画には、グッドフェローズ、キルビル、ブレイキング・バッドの映画シーンを利用した殺人者役も登場するが、ニューヨークのユニオンスクエアで行った大規模Snapchat交流会に参加していた若者たちへのインタビューを中心に収録している。このイベントは、ある日の午後、Snapchatを始めてたった3週間で100万人ものフォロワーを集めたジェローム・ジャールという名前の男性が、Snapchatの「ストーリー」を通して交流会への招待を共有する、という形で広まっていった。

ジェロームが交流会場であるユニオンスクエアに向かう途中、電車の中で早速彼のファンに出会い、目的地に到着すると大勢のファンが彼を迎えた。会場に集まったすべてのファンが、ジェロームが共有したSnapchatの招待状を見てやってきたのだった。

動画では、ネイスタットが若者たちにSnapchatの使用頻度について尋ねてみると、ほとんどの若者が「毎日」と答えた。おまけに、彼らはフェイスブックにはすっかり飽きてしまったようで、その代わりに24時間は消えないSnapchatの「ストーリー」機能を利用して、なにげない毎日の瞬間をとらえた写真や動画を友達と共有するのだという。

彼らが言うには、友達がフェイスブックやInstagramに投稿した古い写真を見るよりも、今この瞬間に友達が何をしているのか、または自分のパーソナル・ライフをフィルターや仕立てられた記事に邪魔されることなくこっそり共有するほうがよっぽど楽しいというのである。

動画内で他にもあった若者たちの声を挙げてみると:

  • 「Snapchatを使わない時なんてあるのか、と逆に聞きたいくらいです」
  • 「しょっちゅうSnapchatをチェックしています。100秒の価値のあるスナップばかりです」
  • 「そこには本当のストーリーがあるから気に入っています。おまけに見ていても楽しいですしね」
  • 「フェイスブックを使っている友達なんてもういません」

Snapchatが一歩先を行く

ネイスタットの動画の中では、FriendsterやMyspaceといった古いソーシャルネットワークの崩壊が描かれ、Snapchatがフェイスブックを凌駕するのではないかと見られている。だからといって今すぐフェイスブックがどうなるわけではない。しかし、メッセージング・サービスとして世界中に急速に広まったSnapchatの人気を考えると、少なくとも、フェイスブックが190億ドルで買収した次のWhatsAppになり得るかもしれないのだ。

関連記事:フェイスブックがメッセンジャー・アプリ WhatsApp を190億ドルで買収

Snapchatには、成長途中がゆえに、問題や不便な面も多い。スパムスナップは、誰からもスナップを受信できるように設定しているユーザーにとってはどうしようもない問題である。また同社はプライバシー・ポリシーをめぐる論争に直面し、ユーザーを欺いたなどとされる問題で米連邦取引委員会(FTC)と和解することで合意している(苦笑)。

そして、数秒で消えてしまう写真や動画や24時間消えないストーリーから、どのように収益を上げるかという課題も残っている。この問題は、ネイスタットのようなSnapchatファンが漏らしているよりもずっと深刻なものであるのかもしれない。

それでも、現在のSnapchatは、かつてのように性的行為目的で使用されていた頃の姿とは全く異なり、今後も成長し続けるであろうと期待の声が上がっている。

トップ画像:screencapped from Casey Neistat’s video

Selena Larson
[原文]