白井健三、体操世界選手権の床運動で銀メダル 連覇ならず

ざっくり言うと

  • 体操世界選手権の種目別男子床運動に11日、白井健三が出場した
  • 15.733点で2位となり、44年ぶりとなる床運動連覇とはいかなかった
  • 優勝したロシアのアブリャジンとはわずか0.017点差だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング