ジョージ・タケイ、皮膚がんを摘出していた

写真拡大

 ジョージ・タケイ(77)が皮膚がんを患っているという。

頬に絆創膏

 「スター・トレック」シリーズのヒカル・スールー役でお馴染みのジョージは、医師により皮膚がんの早期症状が認められたため、先週頬からがんを摘出したとザ・サン紙に語っている。「先週健康診断のために病院にいったところ、僕の医師がここ(頬)に皮膚がんの早期症状を発見したんだ。それを摘出してもらったから僕は今これ(絆創膏)をつけているんだよ」

14日(日)に行われたヴォイシズ・オン・ポイントのチャリティイベントでこのニュースを明かしていたジョージは頬に絆創膏をつけていたのだが、「一応断言しておきたいんだけど、夫に殴られたわけじゃないよ」と、2008年から婚姻関係にある夫ブラッド・オルトマンに何かされたわけではないと冗談も飛ばしていた。

 ロサンゼルスにある全米日系人博物館のデモクラシー・フォーラムで挙式したジョージとブラッドは、先週日曜日に結婚記念6周年をお祝いしており、結婚当時2人はウエスト・ハリウッドにおける同姓婚を申請した初めてのカップルであったという。先月ジョージは27年間の付き合いになるという2人の関係についてこう話していた。「僕達には自分達で決めた約束があるんだ。2人が一緒にいるってことは、考え方の違いもあるし、つまらない議論もあるし、時には言い合いだっておきるでしょ」「でもそんなことは関係なく、眠る前には必ず毎晩キスをするようにしているんだ。時には難しいこともあって、形だけのキスなんて時もあるけどね」

Written&Photo by bangshowbiz