便座や便器内の表面を除菌して清潔!(写真は、「DL‐WH60」パールホワイト)

写真拡大

パナソニックは、清潔性の向上を目的に新たに開発した「小型ナノイーユニット」を搭載した温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」の上位機種「WHシリーズ」(4機種)を、2014年9月21日から販売している。便ふたや便器内部の空間へ「ナノイー」を放出することで便座や便器内の表面の菌を抑えて、トイレの壁の付着臭を軽減することも可能とした。

「銀イオン」練り込んだ抗菌塗装を採用

「小型ナノイーユニット」は、従来品の乾燥ユニットとナノイーユニットを新たに一体化することで約3分の1のサイズにし、本体操作部の下部に内蔵した。これによりトイレを使用しないあいだは便器内に「ナノイー」を吹き出し、便器内に「ナノイー」が充満することで便座や便器内の表面に付着した菌を120分で99%除菌する(WH60とWH50のみの搭載)。

また、「ナノイー」運転中は内蔵したLEDライトが点灯し、運転していることを視覚的に知らせてくれる。

さらに、独自の熱伝導性に優れるアルミ素材の便座に、新たに安全で抗菌効果の高い「銀イオン」を練り込んだ抗菌塗装を採用。便座表面の菌を減少させ、清潔性をアップした。

便座とシャワーを使うときだけを温める「W瞬間方式」や「待機電力0(ゼロ)モード」機能、シャワー洗浄後の温風乾燥機能(WH60のみ)、便ふた自動開閉機能(WH60・50・40のみ)などの特長もある。

色は、パールホワイト、パールピンク、パールアイボリー。オープン価格。