調理も手入れも簡単なビルトイン型IHクッキングヒーター(写真は、「CS‐PT34HNWSR」)

写真拡大

三菱電機は、業界で初めて庫内底面をフラットにした「熱風循環加熱式オーブン」を搭載した、調理も手入れも簡単にできるビルトイン型IHクッキングヒーター「びっくリングIH PT34Hシリーズ」を、2014年10月21日に発売する。

熱風と上ヒーターで食材を加熱する熱風循環加熱式の「びっクリアオーブン」は、油を使わないヘルシーなノンフライメニューが手軽に調理できるほか、庫内有効高さを業界最大の90ミリメートルにしたことで、ローストビーフやさざえの壺焼き、パウンドケーキなどの背が高い料理も丸ごと調理できる。

庫内底面はフラットな構造を採用しているので、手入れも簡単らくらく。

また、「ホワイトナビワイド液晶」の表示文字を、従来機種と比べて最大約2倍に拡大して視認性をアップ。調理メニューの選択には、スクロール式を採用。直感的な操作を可能にしたほか、グリルメニューを押すとLEDが点灯して操作を誘導するアシスト機能を搭載した。

業界最大の直径26センチメートルの大口径IHコイル「びっくリングコイルP(プレミアム)」の搭載で、より均一で、より多彩な加熱「びっくリング加熱」を実現。交互対流を自動で行う「対流煮込み加熱プラス」機能は、煮物を煮崩れなく調理でき、鍋底のこげつきも抑制するほか、「ゆでもの加熱」や「フライパン鍋肌加熱」などの多彩な加熱機能で「カンタン調理」をサポートする。

3口IHタイプ。希望小売価格は「CS‐PT34HNWSR」(プレート幅75センチメートル)が42万5000円。「CS‐PT34HNSR」(同60センチメートル)が40万5000円(いずれも、税別)。