本田、攻撃の形に及第点「真司がしっかりと起点になれる」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。相手のオウンゴールが決勝点となり、1−0で日本が勝利を収めた。

 同試合でキャプテンを務めたミラン所属のFW本田圭佑は、「チームが勝てたっていうのが一番大事なことです」と新体制での初勝利に喜びを見せると、「当然、内容結果ともに満足できるものではない。でも、そういった中でもしっかりと失点なく勝てたこととか、攻撃の形も、短期間の中で監督の求めてることが出たところもありますし、まあまあ良くはなってるんじゃないかと思います」とチームを評価した。

 さらに、前回の代表戦と比べ「(香川)真司も入ってきて、あそこでしっかりと起点になれるんで、周りは安心して懐に入っていけます。そこからいい形っていうのが得点には繋がらなかったですけど、何本かあったんじゃないかと思います」と持ち味が発揮できた場面もあったと振り返った。

 日本代表は14日、シンガポールでブラジル代表と対戦する。